COLUMN 快適なリモートワークスペース

コラム
リモートワークイメージ

自宅で仕事ができる環境をつくる

職場環境の変化で、自宅でのリモートワークも増加しているのではないでしょうか。
仕事効率化のためにも、ご自宅がその仕事環境に適しているか見直してみましょう。
自宅での仕事のスタイルも人それぞれ。自分に合った仕事環境づくりはとても大切です。
これまで通勤時間にさいていた時間を有効に活用できますね。


個室タイプの仕事空間

日常の生活空間とは分けて、仕事に集中したい方は、個室を希望されるでしょう。
これまでの生活では、リモートワークを想定していない暮らし方がほとんどでした。
住み慣れた住まいに、新たに仕事の空間を作る方法も様々です。


どこに作るか

一戸建てにお住まいで敷地に余裕のある方は、増築という手段もありますね。
母屋に対する離れとして新築をすれば、思い通りの快適性を確保でき、仕事以外の趣味を満喫する空間としても活躍。

離れの建物としては、簡易の小屋や倉庫、ガレージの一角のような居室ではないものもあります。


もちろん増築をしなくても今ある空間を工夫したリフォームで、快適な仕事空間を作り出すことも可能です。
今、空いているお部屋が無い場合には、ウォークインクローゼットや納戸など収納空間として使用していたお部屋をリフォームする、という選択肢もあります。
少し狭いお部屋でも様々な工夫で快適な仕事部屋になるでしょう。

何を置くか

リモートワークイメージ

必要なものは、デスクや本棚・パソコンやプリンタなどでしょうか。
どれくらいのスペースが必要になるかを検討します。
これまで利用していたオフィスとは異なるサイズになるかもしれませんが、 工夫次第で、オフィスよりも集中できたり、自分に合った空間として快適に過ごせるようになったり、メリットもたくさんできることもあるでしょう。


パソコンだけで済むようなら、パソコン1台分と書類置き場など比較的小さめのデスクスペースを確保。
パソコンもノートパソコンで十分なのか、仕事内容によっては、デスクトップタイプや大きなサイズのモニターや複数のモニターが必要な場合もありますね。


加えて、プリンターや外付けハードディスクなど周辺機器が必要な場合も多いですから、 コンセントや通信環境もどれくらい必要なのかの検討も大切です。
現在は多くの家電製品がネットワークでつながれている時代。
他の家族も通信が必要な場合もあると思います。
スムーズな通信ができる容量を検討しましょう。


照明計画を見直す

照明イメージ

納戸だった場合、作業するための照明器具は設置していない場合が多いと思います。
作業する手元を照らすデスクライトだけで済むようであればいいのですが、部屋全体を明るくするには電気工事が必要な場合もありますので、リフォームの専門家に相談してみましょう。


部屋全体を作業用に明るくするには、一般的なオフィスのような白っぽい光、昼光色や昼白色と言われる電球の照明器具を選びます。

今の照明器具の電球を変えるだけでOKな器具もあります。


音環境を整える

22011985

リモート会議が多い方もいらっしゃると思います。
他の部屋や外部からの音で会議に支障がでたり、逆に会議の音が他の部屋や外部に漏れたりするのも気になるもの。
マイクやヘッドホンの使用で解決できることもあると思いますが、 内窓を設置したり、入口のドアを簡易防音タイプにしたりと、少し手をかけて快適な仕事空間にリフォームできます。


また、室内の音の響き方も改善したい場合は、吸音性能のある内装材のリフォームで調整可能です。



室内空気環境を整えて快適に

25818392_s

パントリーや納戸として使っていた場合は、換気についても見直してみましょう。


まずは家全体の空気の流れをチェックしてみます。
多くの住宅は、各部屋に吸気口と呼ばれる空気が入ってくる穴があいており、洗面所やトイレ、キッチンなどの換気扇から強制的に空気を出す、という流れになっています。
仕事をするお部屋に窓がついていれば、窓を開けて他の部屋の換気扇をつければ空気が流れてくれますので、空気を入れ替えるように意識してください。


もしそのお部屋が入口ドアを閉めた際に空気が流れにくい密閉性の高いお部屋の場合には、サーキュレーターや扇風機などを置き、空気の流れを作ります。


スペースに余裕が無い場には、壁上部に設置できるエアコンはおすすめです。

小部屋タイプや空気清浄機能付きのものもありますので、ぜひ検討してみてください。

便利なワークスペースまるごとブースの商品もある

仕事環境に快適な機能を備えたユニット型ブースの商品も出ています。

自分好みにカスタマイズできる仕様になっていて便利な反面、価格帯としては高額です。


大工さんによる造作か、ユニットにするか、自分でDIYするか、予算や希望に応じて現状のお部屋の状態に合わせた適切な方法を検討しましょう。


小さいお子さんを見ながらの仕事空間

子どもが遊ぶイメージ

小さいお子さんの様子を確認しながらのお仕事になる方もいらっしゃると思います。

リビングやキッチンのそばなど、比較的オープンなスペースで仕事環境を整えられている方も多いのではないでしょうか。


もし、必要なパソコン、プリンター、書類、文具など必要なアイテムを置けるデスクがあるとどうでしょう。
本棚、引き出しなども必要になると思いますが、個室の場合と違い、他の用途でも使えると便利かと思います。


例えば仕事をしていない時は、お子さんの宿題スペースとしたり、お絵描きスペースとしたり。

その場合は、小さいお子さんの手が届かないように仕事の道具類は仕舞えるようにしておくと安心ですね。
少し集中したい時だけ空間を仕切れるような工夫もできます。

少し高さのある本棚やパーテーションで仕切ったり、パーテーションドアなどの商品も出ています。


補助金が使えるケースも

内窓の設置や高性能なエアコン設置など、省エネにつながるリフォームには、補助金を利用できる場合もあります。

同じリフォームにするにも補助金の対象になるなら、少しでも費用が抑えられてうれしいですね。


補助金の利用には、条件や時期もありますので、まずは対象になるかご相談ください。
この時期ならではのお得な制度を上手に利用して、地球にも優しい、お財布にも優しい、そしてお仕事の効率もあがる。

そんなプランをぜひご検討ください。




ご自身にあったリモート部屋へのリフォームをご検討の方は、 ぜひホーダイホームまでお気軽にご相談ください。

RECOMMEND オススメ記事

お知らせ・キャンペーン・コラム・ブログ一覧へ

最大77%OFF メーカープラン提示でさらに5%OFF

簡単1分 無料見積はこちら
06-7492-8161

<受付>平日:9時~19時 
土日:10時~17時

LINE