COLUMN ヒートショックによる事故を防ぐ

コラム
内窓画像

ヒートショックとは

ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。

これは温度差によって、心筋梗塞や脳卒中が引き起こされたり、また浴槽内で失神するなど、一歩間違うと命を失ってしまうほどの危険な状態に陥る状態のこと。


住まいの断熱性能が諸外国に比べて低い日本では、ヒートショックによって入浴中に死亡する人は年間19,000人ともいわれ、交通事故で死亡する人の約5倍にものぼります。


この数字が表すように、ヒートショックは本当に身近に潜む危険のひとつ。

各自治体もホームページなどで予防を呼びかけています。

例)大阪府 https://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/qq/heat.html


たとえば冬の寒い日にお風呂に入るときのことを想像してみてください。

エアコンで温まった部屋から、凍えそうなくらい冷えきった脱衣所に行き、さらにその後、熱い浴槽につかります。

このとき私たちの体は、急激な温度の変化に対応しようと、血圧を上げたり下げたりします。

ところがこうした体の働きが、反対に体への負担となり、浴槽内で意識を失うなどのケースに繋がってしまうのです。


ヒートショック危険度簡易チェックシート

1. メタボ、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓・肺や気管が悪いなどと言われたことがある

2. 自宅の浴室には暖房設備がない

3. 自宅の脱衣室に暖房設備がない

4. 1番風呂に入ることが多いほうだ

5. 42度以上の熱い風呂が大好きだ

6. 飲酒後に入浴することがある

7. 浴槽に入る前のかけ湯をしない または簡単にすませるほうだ

8. シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける

9. 入浴前に水やお茶など水分をとらない

10. 1人暮らしである、または家族に何も言わずにお風呂に入る


上記の10の項目に当てはまるものが多ければ多いほど危険が高いと言えますが、目安として5個以上にチェックがついた場合、「ヒートショック予備軍」といえます。

なぜ日本でヒートショックによる事故が多いのか?

昭和時代に建設された日本の一般住宅にはほとんど断熱性がなく、そのため冬の脱衣室や浴室の寒さは深刻です。

加えて「家の中でも寒さを我慢する」ことに慣れてしまっている日本人は、冬の脱衣場や浴室の冷え込みを「仕方ない」と片付けてしまいがち。


ですが、実は世界的には基本的な断熱性能を備えていない家の所有者には罰金が課せられる国もあり、寒くない家に住むことは「基本的人権」と位置づけられています。


また、2018年にはWHOも冬の住宅の最低室内温度を18度以上とすることを強く勧告しています。

家の中で「“寒い”を我慢する」行為や考え方は、命を縮める危険を孕んだ、非常に危険なものなのです。


リフォームでヒートショックを防ぐ

脱衣所

家の中で「ヒートショック」が起きる可能性が高い場所「浴室」「脱衣室」は、リフォームで断熱性を高めることにより、その危険を回避することができます。


・昨今のシステムバスは、ある程度の断熱性能を備えているので安心

・浴室乾燥暖房機や脱衣室暖房機を採用して、着替え中や浴室での寒さを解消する

・浴室や洗面室に窓がある場合、内窓を設置するなどして断熱性をUPする


上記のように、脱衣室と浴室の温度差を解消することが最も効果的です。

ヒートショックを心配することなく、一年を通して快適な入浴時間を楽しむための「浴室・洗面室リフォーム」のご相談は、ホーダイホームまでお気軽にお問い合わせください。

RECOMMEND オススメ記事

お知らせ・キャンペーン・コラム・ブログ一覧へ

最大77%OFF メーカープラン提示でさらに5%OFF

簡単1分 無料見積はこちら
06-7492-8161

<受付>平日:9時~19時 
土日:10時~17時

LINE