2021年4月の一覧

お風呂場、洗面所、台所の蛇口の水漏れ原因【予防と対策もお伝えします。】

普段、何気なく気にせずに使用している台所やお風呂場、洗面所や蛇口ですが、実はこの蛇口に使用年数があることをご存知ですか?

この使用年数は、『機器などが使用に耐える年数』という意味です。つまり蛇口などの製品が安心安全に使える年数の目安になるんです。

蛇口にも寿命というものがあり約5年~10年が適切な使用年数と言われています。

5105440_s
では、実際にどのような水まわりのトラブルが起きてしまうのかというと、最もお客様からの相談問合せが多いのがハンドル部分からの水漏れやパッキンの摩耗による水漏れトラブルになります!

特にパッキンとは蛇口内部に使われているゴム製の消耗部品なので、おおよそ5年~10年程度での交換が必要になる部品。

もちろん、全ての製品が5年で壊れることはありませんが、人によって生活サイクルや環境は違いますよね?

なので早期に水のトラブルが発生してしまう事もありますし、また10年以上故障もせずにご使用できる方もいらっしゃいます。


使用頻度


一人暮らしの方よりも家族で住んでる方がよりたくさん使用しますし、二世帯だとより多く使用することに。

お水をたくさん使う浴室(お風呂場)の蛇口が、一番水漏れトラブルを起こしそうに思えますが、実は台所の蛇口の方が浴室に比べると圧倒的に多いです。

理由は、浴室の蛇口よりも台所の蛇口の方が出したり止めたりを繰り返す頻度が高いからです。

22030628_s
蛇口のハンドルを開くと当たり前のようにお水が出ますよね?

何故、蛇口のハンドルを開くと勝手にお水が出てくるのかというと、水道には常に水圧がかかっているのです。

この水圧のかかったお水を蛇口は常に押さえている訳ですから、出したり止めたりする事で当然ながら、蛇口にその衝撃が走っているのです。
衝撃をたくさん受けた蛇口は、受けていない蛇口に比べて故障する確率が圧倒的に高くなることは、、、もうおわかりですね?

それが水のトラブルを引き起こす原因のひとつなのです。

ちなみに、その水圧を抑えてくれている部品がパッキンと呼ばれる消耗部品です。

他にも、蛇口を乱暴に扱ったりしていたら、当然ながら故障頻度は高くなりますし、定期的にパッキン交換などのメンテナンスをしているご家庭よりもメンテナンスしていないご家庭の方が蛇口の水のトラブルが起きやすいなどあります。

このように、様々な生活環境の状態で水まわりトラブルは起きてしまうのですが、これは自然老朽化の場合の水トラブルの話なのです。


ポタポタ水漏れ


でも実は、蛇口のポタポタ水漏れのトラブルが起きる原因は、自然老朽化よりも別に問題がある場合が多いのです!

蛇口のポタポタ水漏れは、サビが原因である可能性が高い!

ポタポタ水漏れトラブルで最も多いケースは、水道管から流れてくるサビによるダメージでの蛇口トラブル。

パッキン部分やハンドル部分などが一番最初に水トラブルを起こします。

先ほどもお話しした通り、お水には常に水圧がかかっています。

なので、水道管内に発生したサビがその水圧に押されて蛇口を通過する際に、蛇口本体を傷つけてしまったりします。

また、お湯と水が分かれているハンドルタイプの蛇口などは、このサビなどが引っかかったりすると水が止まりにくくなります。

そして、水が止まりにくくなったりハンドルが固くなったりしている状態で、長期に渡るご使用をしてしまうと、パッキンが損傷を受けてしまいポタポタと水漏れが発生します。

 

水漏れ状態で使い続けてると?
水を止めようと普段よりハンドルを強く締めて使用し、修理せずにそのまま使い続けると、いずれハンドルのネジ山がねじ切れたり蛇口の中が傷ついたりして本体そのものが壊れてしまいます。

本体を壊してしまってはどうすることも出来ず、結果蛇口自体の交換(1~2万円)と高くついてしまいます。

4998868_s
皆さんは、蛇口から水漏れポタポタトラブルが発生してしまった時、どれくらいの水漏れで修理を呼べば良いか、そのタイミングが掴み辛いと感じた事はありませんか?

「ほんの少しだけしか漏れてないから、まだ使えそうかなぁ?」とか

「蛇口のハンドルがちょっと固いけど、少し力強く締めれば止まるからまだいいかな」など・・・

しかし、それは大きな間違いで、何か違和感を感じていたら、まずはご相談ください。
違和感が大きい故障に繋がっていきます!

思わぬ大きな出費をしない為にも、違和感に気付いたら出来る限り早めの対処が最も安く安全につながります。!

「ハンドルをきつく締めれば止まるから、まだ大丈夫!」が、実は危険信号だという事を分かって知って頂ければ嬉しい限りです。
水廻りリフォーム専門ホーダイホームでは、蛇口の水漏れ修理・、”お風呂のリフォーム ” や、” 給湯器の交換 ” などの水まわり全てのトラブルに対応しています。

【トイレを本体ごと交換したい】 【キッチン回りを綺麗に変えたい】などの交換工事まで、お客様の様々なご希望にお応えしています。

小さな水のトラブルから、大きなリフォーム工事まで、様々なお仕事に対応しております。

城東区、鶴見区、旭区、都島区の水回りのことなら専門店のホーダイホームにご相談ください。

トイレへの不満、水廻りリフォーム専門店ホーダイホームが解決します!

家族全員が毎日使う日々の生活に欠かせない場所といえば「トイレ」。

自宅はもちろん職場や外出先でも使う頻度が多いだけに、少しでも不満があると、それがストレスとなってしまうことがあります。

外出先が綺麗なトイレなだけでも気持ちよく良い場所と記憶に残りやすくなります。それぐらい日常生活では必要かつ重要な場所といえるでしょう。

1460689_s
自宅のトイレが「古すぎて使いにくい!」「温水洗浄便座にしたい!」「快適に過ごせる場所にしたい」など、ご家庭によってトイレへの不満は異なりますが、そういった不満はトイレリフォームで解決を!
~トイレリフォームを失敗しないためのポイント~
せっかくトイレリフォームを行うなら、「素敵なトイレにしたい…!」「家族全員が快適に過ごせる場所にしたい」と誰もが考えますよね。

その想いを叶えるためにも、トイレリフォームのポイントを押さえておく事は大切です。

 

ポイント1:掃除のしやすさを考えよう!
トイレは常に清潔な状態を保っておきたいものです。トイレは他の場所と比べても汚れやすい場所であるため、清潔な状態を保つにはこまめな掃除が欠かせません。

しかし、掃除がやりにくいとやる気が起きず、結局後回しにしてしまいます。

その結果、ホコリが溜まったり、汚れがこびりついてしまったりして、徐々に汚いトイレになってしまいます。衛生面から考えても、トイレが汚いのは良くありません。

リフォームする際は、自ら進んで掃除がしたくなるようなトイレにしましょう。

 

ポイント2:老後の事まで考えよう!
年を取ると今まで当たり前のようにできていた動作も難しくなってしまいます。トイレも例外ではありません。

また、トイレの回数も増える事から、トイレの位置や構造など、老後の事を考えながらリフォームする事をおすすめします。

 

ポイント3:収納について考えよう!
予備のトイレットペーパーや掃除道具、衛生用品など、トイレには以外と細々とした物が多くあります。スッキリさせるためにも、これらの小物をしっかり収納できるスペースを確保する事が大切です。

その際、トイレのスペースを十分に把握した上で「掃除がやりづらくならないか…」、「トイレする際に邪魔にならないか…」といった事まで考えるようにしましょう。

トイレ収納
水廻りリフォーム専門店ホーダイホームでは、トイレはもちろん、キッチン、浴室・給湯器まで幅広く対応しております。

費用・相場に関するご質問も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

城東区周辺でキッチンリフォームをお考えの方は【リフォーム専門店ホーダイホーム】へ!

~キッチンが使いやすくなれば料理も生活楽しくなる~

料理を頻繁に行う方にとって、キッチンは家の中でも特にこだわりたい場所の1つではないでしょうか?

最近は男性も料理をする機会も増えてキッチンリフォームの依頼をご主人から頂くことも増えてきました。

清潔感溢れるキッチンやおしゃれなキッチン、使いやすいキッチンは、毎日の料理を楽しくしてくれるものです。

料理好きな方はもちろん、「料理をするのが苦手…」「キッチンが使いにくいから料理をするのは…」という方も、まずはキッチンにこだわってみてはいかがでしょうか。


いろいろな種類の中から自分好みのキッチンを見つけよう!


<アイランド>

plan1_img_001 壁に接する部分がなく、島(アイランド)のように独立したタイプのキッチンがアイランドキッチンです。キッチンのイメージを覆す程の開放感があり、コミュニケーションも取りやすいため、家族で料理をする事が多い方やよくホームパーティーをしている方にピッタリのキッチンと言えます。


<ペニンシュラ>


pop_photo41 ペニンシュラは半島という意味で、左右どちらかが壁に接しているキッチンを言います。開放感がありながらも、間取りの制約を受ける事がないため、多くのご家庭で選ばれています。リビングを見渡しながら料理ができるので、子育て中のご家庭に人気があります。


<セパレート>


0259_stediaca_0042 シンクとコンロを分けたものがセパレートキッチンです。別々にする事によって、それぞれ作業スペースを設けられるため、料理がしやすくなります。何人かで料理をする際も、セパレートキッチンなら効率良く行えるのがメリットです。

その他にも、L型・I型・独立型・壁付けなど、様々な種類のキッチンがあります。キッチンリフォームする前に、ぜひ自分のスタイルに合うキッチンを探してみて下さい。
城東区のリフォーム業者ですが、大阪市や京都市といった地域の方からのご依頼も承っております。

キッチンリフォームに関するご質問も受け付けていますので、迷っている方や分からない事がある方は、遠慮なくご相談下さい。

城東区周辺で洗面リフォームをお考えなら【水廻りリフォーム専門店ホーダイホーム】へ!

洗面台リフォームを行う際の注意点をご存知ですか?
洗面台リフォームには、押さえておきたいポイントがあります。

11_photo01
洗面台は家族みんなが毎日使う場所だから快適にしたいですよね。

実はちょっとした工夫で格段に快適な空間に変わるんです。

 

ポイント1:高さ

洗面台が低すぎると、顔を洗うたびに腰を曲げる必要があり、腰への負担が大きくなってしまいます。洗面台の高さで調度良いのは「身長÷2」といわれていますので、それを目安に交換するようにしましょう。

 

ポイント2:サイズ
奥行きや幅が狭い洗面台だと、手や顔を洗った際に周囲へ水はねしやすくなります。その場合、少し大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。また、間口に無駄なスペースができないように、洗面所の広さに合わせてサイズを選ぶことも大切です。

ホーダイホームでは洗面化粧台をはじめ、洗面ボウルや水洗金具、鏡などの設備を見直し、お風呂場など、トータルで水廻り快適な空間になるプランをご提案します。

ぜひお気軽にご相談ください。

▲TOPへ