いつもホームページをご覧頂きありがとうございます。
本日はキッチン・トイレ・お風呂場などのリフォームするタイミングをお伝えしたいと思います。
家の設備や内装・外装、間取りを作り替えて住みやすくすることができる「水廻りリフォーム」。

 

水廻りリフォームの理由は、ご家庭によって実にさまざまあります。

水廻りリフォームを検討する“きっかけ”のなかでも、特に多い理由をご紹介します。

 

「家や設備が故障、老朽化した」
まず水回りリフォームのきっかけとして一番多いのが、水回り機器周辺の消耗による劣化です。

住宅は住み続け使用して続けていくと水回りのパッキンや機材は傷みが生じたり消耗してしまったりして劣化していきます。
また、給湯器やキッチンといった設備の故障や老朽化をきっかけに、浴室全体やキッチン全体をリフォームする方も少なくありません。

4624817_s
 

「生活の変化」
お子さんの成長に合わせて間取りの変更をしたり、定年退職を迎えて自由な時間を過ごせるようになったり。

こうした生活の変化も、リフォームのきっかけには多いのです。

そのため、家を建てる時点で「リフォームを前提とした間取り作り」を考える方も珍しくありません。

 

「高齢化やの家族の介護のため」

住み始めてから年数が経っている家は、高齢の方には使いにくい作りをしていることが多いもの。

ご両親と同居しているご家庭では、段差を少なくしたり、ドアを引き戸に変更したりといった「バリアフリーの家」にリフォームする事例が多く見られます。

他には、将来の自分たちが住みやすい家にすべく、バリアフリー化を目指したリフォームを決める方もいます。

1068268_s
 

「キッチンやお風呂場の収納スペースが減ってきて不満」
長い間暮らしているとどうしても物が増えてきますよね。そのため、キッチン収納の不満がきっかけでキッチン回りのリフォームを検討する方も多数おられます。

キッチンにパントリーを設置したり換気扇を新しくしたりすることでキッチンの収納力や使い勝手をアップさせることができます。

今までキッチン収納や使い勝手などに苦労したものがスッキリするため、より一層好きになります。

 

「近所の人や知り合いがリフォームをした」
意外に多いのが、近所の人や知り合いの方がリフォームをしていたことがきっかけになる方も多いです。

知人などから「お風呂場をリフォームした」「新しいキッチンにして使い勝手が良い」など聞いてると、「自分たちの家もそろそろかも」「新しい使い勝手の良いものにしたい」とリフォームを検討したくなられる傾向があるようです。

2792880_m
水廻りリフォームを検討するタイミングは、住んでいる家の築年数や周りの環境、ご家族の状況などによっても異なります。

ただし、住まいや設備に我慢しがたい問題や不満が生じているならば、前向きにリフォームを検討してよいといえるでしょう。

また、水廻りリフォームを迷っているという方は、ぜひ周辺の水回りリフォームのプロに相談してみることをおすすめします。

 

いかがですか?

実際に施工したお客様からのリフォームされたタイミングをまとめてみました。
水廻りは使用頻度・年数によってリフォームするタイミングが変わってきています。
キッチン・トイレ・お風呂場と一緒に使用される給湯器も交換するタイミングは同じになってきます。

 

給湯器の場合、急にお湯が出なくなったり、お湯がいつもよりぬるくなったりと変化がみられますので
少しでもいつもと違う変化があれば、ぜひ一度ホーダイホームまでご相談ください。


水廻りリフォーム、トイレリフォーム、キッチンリフォーム、浴室リフォームのことなら株式会社ホーダイホーム

【TEL】 06-7492-8161
【所在地】 大阪府大阪市城東区成育5-16-22
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】大阪

LINEで送る