「長年使ってきて劣化が目立つからそろそろリフォームをしたい」とか「今よりもっとリラックスできる空間にしたい」など色々な理由で浴室のリフォームを考えることもあるでしょう。

 

リフォームのタイミングやポイントの他に、浴室リフォームの施行にかかる期間についてもまとめています。
色々な知識を取り入れて、失敗のないリフォームを目指しましょう。

 

浴室のリフォームはいつ?

一般的なタイミングは20年

 

リフォームとはいっても、費用がかかりますからタイミングをきちんと考えたいものです。
ここでは、浴室リフォームのタイミングはいつがいいのかということについてお話しましょう。

結論から申し上げますと、浴室のリフォームに良いタイミングは20年だといわれています。
リフォームは費用がかさむからという理由でこの時期を逃してしまうと、劣化がすすんだり維持費がかかったりして結局後で損をすることになってしまいます。
浴室というのは、常に湯水にさらされる場所です。
水が内部まで入ってきて土台が腐ったりシロアリの被害にあったりすると、工事費がかさみます。古い設備を使い続けるということは、光熱費がかさむ原因にもなります。

 

具体的な浴室リフォームの時期とは?

それでは、具体的な浴室リフォームの時期を確認しましょう。

 

まずは、築20年以上を経過して、メンテナンスを過去に1度も行っていない場合です。
20年以上も経過していれば、浴室を使用している人でも気が付かない不調が出ている可能性もあります。
浴室の状態により、部品を交換したり少しの補修で対応したりできる事例もありますので、リフォーム業者に相談をしてみましょう。

次に、浴室がヒビ割れていたりお風呂の隣にある床が凹んでいたりする場合です。
これらの状態は、浴室だけではなくそのまわりにも浸食が進んでいる可能性が高いのですぐにリフォームをした方がいいでしょう。
同じ理由で、お風呂の外の壁に水が染み出した後が見られる場合も気をつけてください。

 

お風呂のリフォームでなるべく損をしないようにするコツは、腐食や不調がすすむ1歩前にリフォームをするということです。
リフォームを放置して水が染み出していると、木造住宅なら構造部を腐らせる原因になりますしマンションでは水漏れの原因にもなります。
いずれリフォームをするのなら、そういうことになる前にしておく事で費用の節約が可能です。

 

浴室リフォームのポイント

機能性をしっかり確認する

ここからは、浴室リフォームのポイントについて解説をしましょう。
毎日、入浴でリラックスをするためには浴槽のサイズが大事なポイントです。
つまり、機能面やデザインだけに視点を置いて浴槽を選ぶと別の部分で失敗に繋がるということです。
ですから、浴槽で手足を十分に伸ばして快適に過ごせるかどうかを確認しましょう。

 

浴室の機能は日々、進化を遂げています。便利になっていますが、最新のシステムが自分にとって使いやすいかどうかというのはまた別の問題です。
ショールームでは、いろいろな最新の機能に目移りすることでしょう。しかし、その機能が本当に必要なものかどうか今一度よく考えてください。
そうすることによって、無駄なコストを抑えながら快適な浴槽を手に入れることが可能です。

工法を確認する~ユニットバス~

次に、浴室には工法に種類があることを理解しましょう。浴室には、ユニットバスと在来浴室という種類があります。
現在、マンションではほとんどユニットバスが採用されています。

 

ユニットバスのメリットは、各パーツを工場で製造してから現場で組み立てるので品質にムラが出にくいうえ、工事の期間が短期間で済むということが挙げられます。
ユニットバスの多くは大手の建材メーカーが製造しているため、機能面でも優れており断熱性が高いです。
ですから、冬でも寒さを感じずにお風呂に入りたいという人におすすめです。

ユニットバスのデメリットは、工場でパーツを製造しているため決まった形状の中から選択する事しかできないというものがあります。
今ではデザインが増えてきたとはいえ、規格からはずれた設備には非対応であるところが、ユニットバスのデメリットです。
そのため、浴室のリフォームにこだわりたい人には物足りなく感じるでしょう。

 

工法を確認する~在来浴室~

在来浴室とは、ユニットバスとは違い現場で壁や床などから製造するお風呂のことです。
施行件数ではユニットバスの方が多いですが、今でも選ばれているそのメリットを見てみましょう。

在来浴室の最大のメリットは、ユニットバスと比較して設置が自由であるということです。
ユニットバスの場合は、建物の構造上リフォームを諦めなければならないこともあります。
しかし、在来浴室は柱などの干渉を避けて自由に設置することが可能です。

 

在来浴室のデメリットは、ユニットバスに比べて工期がのびてしまうことやコストがかかってしまうということが挙げられます。
このように、浴室の工法には種類がありますので、リフォームを施行するまえにそれぞれの特徴を理解することをおすすめします。

 

浴槽リフォームでかかる時間は?

大掛かりなリフォームがいつ終了するのか不明では、安心してリフォームを開始できません。
ここでは、浴槽リフォームにかかる期間について書いていますのであくまで目安として考えてください。

 

在来浴室からユニットバスへリフォームする場合、5日~7日の工期を必要とします。
ですが、土台の部分が腐っていると10日ほどかかる可能性もございます。

 
床や壁を取り壊す作業が入る為、工期が長くなるのです。

つぎに、ユニットバスからユニットバスへリフォームをする場合です。
イメージとしては、ユニットバスを入れ替える形ですので在来浴室からのリフォームより短い工期になるでしょう。
平均すると3日~4日です。

ここで、リフォームの工期を長引かせないコツをお伝えしましょう。それは、工期が始まってから変更をしないという事です。
追加で色々な機能をつけ足したい、と思い浮かぶこともあるかと思いますが中には簡単には施行のできない機能もあります。
そのため、浴室のリフォーム準備をしている段階で理想のイメージをつくりあげておきましょう。

 

 

まとめ


浴室リフォームのタイミングやポイントを解説いたしました。
リフォームというものは大掛かりなので、このように注意するポイントや考えることがたくさんあります。
大事なポイントを抑えることで理想の浴室に近づけることができるでしょう。

水回り専門店ホーダイホームでは、浴室のリフォームを行っております。
施行後のアフターサポートも行っておりますので、浴室リフォームの際はご検討くださいませ。


水回りリフォーム、トイレリフォーム、キッチンリフォーム、浴室リフォームのことなら株式会社ホーダイホーム

【TEL】 06-7492-8161
【所在地】 大阪府大阪市城東区成育5-16-22
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】大阪

LINEで送る